コラム

2018年僕が勝手に注目するアフリカ活動家13人

投稿日:

どーもー最近自分の嗅覚機能が著しく低下してるナイケルでーす

さてさて、年が明けまして、何か年明けにふさわしいブログでも書こうかと思っておりました。僕は結構SNSオタクで昔からTwitterを筆頭にFacebook、Instagramなどやっております。すると、どっこい、引き寄せの法則でアフリカで活動されている方の情報がバンバン入ってくるんですよね〜

というわけで、今回は「2018年僕が勝手に注目するアフリカ活動家13人」をまとめてみましたー

一応条件としてましては、

・SNSやブログで公開発信をされている方

・現役青年海外協力隊は除く

SNSやブログで発信している方という条件は、これを読んでいただいた方が、その後その方々の動向を追いやすいかな〜と思っただけです。現役青年海外協力隊の方は基本的に今の活動は2年任期で終わってしまうので、長期的な注目ができない為今回は対象外にしてます。

とはいえ、正直僕のメインSNSがTwitterなため、以前書いた「アフリカ関連Twitterユーザーのまとめ」と被ってしまうのは否めないです!

当たり前ですが、あくまで僕が注目している方々なので、偏ってますし、選ばれてないからといって怒ったり落ち込んだりしないでくださいね〜。所詮選んでいるのは僕ですから!

特にランキングではありませんので、ランダムに紹介していきますね〜

あとそれぞれの方々に貼っているリンクは、その方の発信のメインコンテンツだと僕が勝手に判断したものを載せています。(なぜかEmbedが機能しないよ〜涙)

あ、ちなみに2〜3月くらいまでなら新たな方を追加する可能性は全然あります!

では、どうぞご覧ください!

 

国際NGO職員・田才諒哉さん

国際協力NGOの職員として北アフリカ/スーダンに駐在されている田才諒哉さん。元青年海外協力隊でもあります。意外にも協力隊を経て、国際協力系にいかれる方は少ない中、田才さんはその道を選んだだけではなく、国際協力NGOの方には珍しい発信力が非常に高い方です。

将来国際協力の道に進まれたい方などは注目するといいかと思います。国際協力系の活動のリアルな発信をされていますし、ファンドレイザーとしても非常に優秀な方なので、これからさらに世間からも求められる存在になるのではないか思っております。

世界への扉 – 田才諒哉のブログ

国際協力の仕事をしています。砂漠とイスラム教の国、スーダンからお届け。

アフリカ×仮想通貨・ぴかりんさん

「COIN CONNECT AFRICA Ltd.」代表取締役のぴかりんさん。彼も元青年海外協力隊で僕と同じルワンダ派遣。時期はズレましたが、直接的にも何回か会わせてもらっていて、公認会計士というだけあって頭キレまくりなんですが、なぜか笑いも大好きだったり左右脳の振れ幅がすごいです(笑)

そして会社名にもありますが、今何かと話題の仮想通貨とアフリカを掛け合わせた事業をやる会社を立ち上げています。まだまだ投機的なイメージの強い仮想通貨ですが、僕もまだまだ勉強中ですが、調べる限り、世界的にも革新的な技術であることと、特にアフリカとの相性が良いのです。そして彼がこれから仮想通貨でアフリカと日本を繋ぐような事業を考案中ということもあり、それが実現すれば凄いことになるな。と大注目しております。

冷静と情熱のアイダ

こんにちは、公認会計士ブロガーのぴかりん()です。 いよいよ、DMMが仮想通貨取引所に参入です。 昨日2018年1月10日より口座開設の受付がはじまりました。 DMMは「DMM FX」など金融系サービスを手がけており、この手の分野におけるノウハウも蓄積しているため非常に期待して待っていました。

本気のシエラレオネ支援・下里夢美さん

NPO法人Alazi Dream Project代表の下里夢美さん。世界一寿命の短い国として有名なシエラレオネ支援を目的とした団体の代表をされていますが、とにかくバイタリティが強いんです。僕も結構根性あるタイプの人間だと自負してますが、おそらく彼女の方が僕より強いです笑

昨年まではNGOとしてすでに精力的に活動されていましたが、昨年後期にNPO法人として正式に申請が終えてからの活動の加速度はとてつもないです。今まではアルバイトをしながら頑張っていた下里さんですが、今年は活動に完全に集中できる環境になりそうとのことで、これからもっともっと活動の幅も密度も濃くなっていくと思います。これから伸びるベンチャー的なNPOとして大注目です。

みためはコドモ-ずのうはオヤジ | NPO法人アラジ代表ブログ

No Description

ベナン×浴衣・川口莉穂さん

株式会社シェリーココ代表取締役の川口莉穂さん。元青年海外協力隊でベナンで活動されていました。活動中に関わりのあったシングルマザーの方がキッカケで、自立した収入を得られるようにアフリカ布を使った製品を開発・販売をされています。

アフリカ布やアフリカらしい商品を日本で販売するビジネスは、昔からも結構浸透している中、川口さん率いるシェリーココのメイン商品はアフリカ布で作った浴衣です。日本で普段着としては派手すぎるアフリカ布が、浴衣になるとビックリするくらい素敵な組み合わせに。今年はエプロンの販売にも力を入れており、フェアトレードでなく、商品力で勝負したいという川口さんの情熱はきっと今年何かしら良い結果が出てくるのではないでしょうか!

Chérie COCO – Official Website –

Published by Ameba Ownd

日本とルワンダの学生支援・タケダノリヒロさん

今月2年間の任期を終え、帰国されたルワンダ元青年海外協力隊のタケダノリヒロさん。ぴかりんさん同様、現役協力隊時代も圧倒的なブログ発信力を持ち、タケダさんをわざわざ日本から訪ねて来られる方も多かったようです。そんなタケダさんは、今年の夏に再度ルワンダに戻って来られる予定だそうです。

そんなタケダさんが企画されているのは、日本人の大学生向け短期ボランティアプログラム(スタディツアー)や、学費支援型クラウドファンディングなど学生向けの新しい事業をやられる予定だそうで、これが実現すれば、日本とルワンダの学生のチャンスが一気に広がる可能性があります!

タケダノリヒロ.com

ルワンダの暮らしを伝え、生き方を考えるブログ

エチオピアで牧場経営・竹重宇薫さん

三井住友銀行を退職され、その後どういうことかエチオピアに滞在し、牧場経営に向けて会社設立準備中の竹重宇薫さん。まだ直接の面識は無いのですが、Twitterで発見してから個人的にめちゃくちゃ注目させて頂いている方です。ブログなどからもさすが元金融マンという頭のキレを感じさせますが、でも泥臭い現場の仕事も全然やるという熱い情熱を感じています。

僕が注目させて頂いているのは、「エチオピアはサブサハラアフリカ諸国でもっとも家畜牛の数が多いのに、チーズやバターの多くは輸入品に頼っている状況」を打開させたいという理念を持たれていることです。アフリカの最近の問題は、物が足りないのではなく、自国で生産できるものまで輸入していることで、長期的に国として育っていないという現状があります。それを打破しようという思想も素晴らしいですし、様々な困難に屈せずに立ち向かわれている竹重さんに今後も大注目させていただきます!

三十路で始める、エチオピア牧場ライフ | エチオピア起業日誌

どうも、竹重です。 新年明けて1週間があっという間に経過しました。 そして、本日、1月7日は、エチオピアのクリ…

Africa Quest編集長・横山裕司さん

知る人ぞ知るアフリカメディアサイト「Africa Quest.com」の編集長横山裕司さん。横山さんも元青年海外協力隊です。昨年から再度本格的アフリカに帰ってきて、活動を再開されています。

最近あまり直接お会いしてお話ができていないので、実際に何をされるのかは僕はまだ知らないのですが、横山さんが本格的に動き出すということは、年内に何かしらの面白い事業を始められるのではないか?と勝手に睨んでおります(笑)Africa Questも今後まだまだ進化していきそうなのでそちらも注目です!

Africa Quest.com

アフリカに挑戦する日本人の為のニュースメディア

ニュータイプの国際協力師・原貫太さん

現役早大生でありながら、南スーダン難民を支援しながら、国際NGOコンフロントワールド代表(NPO申請中)である原貫太さん。本をよく読まれる人であれば、『世界を無視しない大人になるために』という著書を目にした方もいらっしゃるかもしれません。僕もまだお会いしてはおりません、Twitterを中心に絡ませていただいていますが、日本の国際NGOのイメージを革新するために、様々な取り組みをされていて、まさに僕が勝手に名付けさせていただいた「ニュータイプの国際協力師」であると思います。

もうすでに注目度は高い原さんですが、今後さらに注目なのは、今年3月で大学を卒業され、団体の活動のみに集中することができるので、さらに活動は加速していくのではと予測しています。もちろん、原さんが目指している目標は数年でクリアできるようなものではありませんから、大きな成果を出すのは大変かもしれません。が、その大きな成果を出すための軌跡が今年さらに速度を増していくと思っています。

原貫太オフィシャルブログ

アフリカでの国際協力活動から新時代の働き方、情報発信術まで。※本ブログの内容は個人の見解によるものです。

 

仏語圏アフリカマスター・ンボテ★飯村さん

仏語圏アフリカをフィールドに働くかたわら、「アフリカ・プロモーター」として講演やトークなどを手がけられているンボテ★飯村さん。「密かにこの人すげえ」って思い続けている方の一人が飯村さんです。日本では少ないフランス語圏のアフリカでかなり前から活動をされていて、5年弱運営されているブログの情報の濃さには脱帽しまくっています。

まず、今後もっとフランス語圏のアフリカ(西アフリカ)は注目されていく存在となっていくとみていますが、その際に飯村さんのように、昔から西アフリカに精通されている方の情報は重宝されます!ブロガーとしても、ここまでずっとアフリカに特化したブログを書き続けている方も少ないので、そこにも今度とも注目です!

ぶらぶら★アフリック

アフリカ・プロモーター、ンボテ★飯村がお送りする100%アフリカ仏族ぶらぶらトーク!【ぶらぶら★アフリック】

 

オフグリッド太陽光事業・秋田智司さん

タンザニアを中心に「オフグリッド太陽光事業」を手がけるWASSHA株式会社CEOの秋田智司さん。どうでもいいかもしれませんが、僕と大学が母校です。秋田さんもここ最近でメディアからも注目され続けています。もともと知る人ぞ知る活動をされていましたが、特に注目され始めたのは2016年にJICAから3億円ほどの出資を得た際です。

JICAからの出資と徐々に浸透してきたWASSHAのサービスが追い風となり、今年からオフィスも新しくなり、電気を必要する人たちにさらなる速度で提供をしていくことになりそうです。そして、タンザニアで大成功を収めることができれば、その他アフリカ諸国に対しても展開ができるようになりますので、アフリカ中がWASSHAを求めるような時代が来てもおかしくありません。

Satoshi Akita

Satoshi Akita is on Facebook. Join Facebook to connect with Satoshi Akita and others you may know. Facebook gives people the power to share and makes the world more open and connected.

 

アフリカ起業家弁護士・角田進二さん

弁護士であり、起業家でもあるアフリカで活動中の角田進二さん。ここに挙げるでもなく有名なアフリカ実業家の金城さんと著書「アフリカビジネスと法務」も手がけています。

今までいなかった訳ではありませんでしたが、アフリカで本気で活動拠点を置いてやるくらいの気迫の弁護士や金融系の方って少なかったです。さらにはこうして発信を続けられる方というと希少中の希少。これからもっと角田さんのような方が必要になってきますし、その情報や考え方が参考になってきますので、今年もTwitterやFacebookからの発信を参考にさせていただきたいと思っています。

 

角田 進二/起業家✖️アフリカ✖️弁護士 (@Sumisin1000) | Twitter

The latest Tweets from 角田 進二/起業家✖️アフリカ✖️弁護士 (@Sumisin1000). 「アフリカビジネスと法務」の著者。弁護士、起業家及び助言者。グループを作り、世界へはみ出す。アフリカ、フランス、イスラエルだけでなく、イノベーションをどこでも起こす気概を持ちます。valu @ https://t.co/zeOHGHwfdh. 東京

 

ルワンダシングルマザー起業家・ちささん

ルワンダでタイ料理屋Asian Kitchenを立ち上げ&経営しているシングルマザーのちささん。アフリカで起業をするってだけでもなかなか簡単ではないことなのに、シングルマザーでやってのけるちささんのバイタリティは凄いです。

注目しているのは、日本人なのにタイ料理屋を経営されているところです。そこも面白いのですが、意外にもルワンダや僕が知る限り、そこまでタイ料理はアフリカに浸透していません。そこをちささんの手腕でこれからどう流行らせていくのだろうという期待と、シングルマザーでもやれるんだ!という影響を色んな方々にも与えられる方だと思うので、注目&応援させていただいております!

 

ちさ@ルワンダ起業シングルマザー (@0EYv9QZoe1kVVkx) | Twitter

The latest Tweets from ちさ@ルワンダ起業シングルマザー (@0EYv9QZoe1kVVkx). ルワンダでタイ料理屋Asian Kitchenを立ち上げ&経営しているシングルマザー。 アフリカでのビジネス運営、世界での女性の生き方など発信していきます。 【経歴】2008年株式会社リクルート(当時)入社。営業、新規事業開発。2015年、退職し当時5歳の息子を連れルワンダへ。. Rwanda

 

アフリカに挑戦する新世代・masaki.Aさん

今回注目するメンバーの中でぶっちぎり最年少19歳のmasaki.Aさん。何を隠そう彼は、僕が所属するNPO法人AYINAで第一回アフリカホームステイに参加をし、それを機にアフリカにハマり、現在は大学生をやりながら、アフリカ進出に向けて活動されています。

ここに注目!とか言いながら詳しいことはまだ言えないのですが、ちょっと共同で進めている取り組み(といっても僕はサポート役)があります。それが実現したとすれば、彼の発信は一躍有名になる可能性があります。10代からでもアフリカにガンガン挑戦できるんだ!というところを彼が証明してくれると思います!

masaki.A たまにアフリカ (@masaki_HW) | Twitter

The latest Tweets from masaki.A たまにアフリカ (@masaki_HW). 途上国、とくにアフリカが好きな19歳。いまはベナン共和国への長期滞在に向けて日本で修行中. From トコロザワ,サイタマ

 

いかがでしたでしょうか?数名を除いては比較的まだメディアには出て来ていない方々が多かったと思います。ですが、それぞれの情熱を見ている限り、近い将来、いえ2018年に何かしらインパクトを残すようなことをやってのけるんじゃないか!と密かにアフリカ系男子の僕は予測しております!

-コラム
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アフリカ系男子3種の神器!!

どーもーナイケルです! 今日は私、ナイケルがアフリカ系男子である為に、 なくてはならない物を厳選してみました!   ①Mac Book Air いきなり全然アフリカ感ねええええ! と思われが …

【検証】海外で活動する男性は恋愛で草食系男子になりがち説

最近ベナンで2回ほど感電したナイケルです! さて、今回は検証系のブログになります! ズバリ、【海外で活動する男性は恋愛で草食系男子になりがち説】です!   プロローグ 海外で活動する人はたく …

マイナス思考な人は「諦めない事」を決めちゃうと良い

どーも。日焼けで日本人離れしてきたナイケルです! プラス思考とマイナス思考の違いって色々あると思います。 僕としてはどっちが良いとか悪いとかはないと思いますが、 僕は比較的プラス思考とか楽天的な性格と …

僕のブログのライオンの意味

どーも〜ナイケルです! 今日は数少ない人たちが質問してきた、 「このライオン何なの?」 という問いにお答えしたいと思います!   2つの理由があります。 実は何となく決めたようにも思われがち …

【検証】海外で暮らしたら男子は痩せ、女子は太る説

ベナンでのど飴見つけてテンションMAXナイケルです。 さて、前回から始まりました検証シリーズ。 完全に●曜日の○ウンタウンのパロディ感が出ちゃってますが、大好きな番組なので許してください。 【検証】海 …

管理人


管理人のナイケルです。
元青年海外協力隊。
アフリカでNPOとビジネスを両立してます。
プロフィール詳細
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930