コラム 未分類

僕のブログのライオンの意味

投稿日:

どーも〜ナイケルです!

今日は数少ない人たちが質問してきた、

「このライオン何なの?」

という問いにお答えしたいと思います!

 

2つの理由があります。

実は何となく決めたようにも思われがちですが、

ちゃんと理由があるんです!

 

 

1つ目、動物占いがライオン。

よく当たると言われている動物占い。

以前は、12種類だったんですが、

今は1つの動物に5パターンが加わり、

60種類になっています。

そんな僕のタイプがこちら。

我が道を行くライオン

詳しく見てましょう。

思い通りにしたがるワンマン体質

決して弱音をはかない意志の強さがあり、

自分にも他人にも厳しい人。

一見社交家だが、本来は孤独を恐れず、

自分の運命は自分で切り開く独立心の持ち主。

負けず嫌いで忍耐強く、

自分の面倒を自分で見ると言う考えなので、

まわりの助けをあてにしない。

警戒心が強く、本心はめったに口にせず、

心から人と打ち解けることがあまりない。

指導力があり、教え方は厳しいものの、

相手の細かいところまで気が付くので、

厳しさに耐えられる相手ならば、素晴らしい師弟関係を結べる。

手堅く一定の成果を上げるが、集団で協力して作業するのは苦手。

まわりとの協調を念頭において行動すれば、

持って生まれた強運を生かすことができる。

 

まあ所詮占いなのかもしれませんが、

恐ろしいほど当たっていると思います。

 

特に最後の

まわりとの協調を念頭において行動すれば、

持って生まれた強運を生かすことができる。

僕が心を開き、人と接するのが好きになってから、

自分の人生は人運によって切り開かれ続けています。

 

まだやったことがない方は、是非やってみてください!

60種類☆進化版動物の占い(新動物の占い)

 

2つ目、風に立つライオン。

まあどちらかと言えばこっちが本命です。

この言葉も最近少し有名になりました。

映画ですね〜。

アフリカと関わりがなかった方も観た方はいるのではないでしょうか?

実は僕、この映画のパンフレットにコメントしています。

え?僕とこの映画何が関係あるの?

石原さとみと会ったの??

と、思った方!

まず石原さとみには会えませんでした(会いたいって言ったんかい)。

実は映画とは関係がなく、

この元となった歌に関係があります。

元々「風に立つライオン」は、

さだまさしさんの歌なのです。

実在の医師である柴田紘一郎(元長崎大学熱帯医学研究所)のエピソードに

インスパイアされ、さだ自身が作詞・作曲をした作品である

Wikipedia引用

僕がアフリカ行きを決めるきっかけの1つにもなり、

青年海外協力隊時代も、今も何度も聴いているのがこの歌なんです。

 

なんで、そんなに影響を受けたか?

様々な詞に影響は受けましたが、

「あなたや日本を捨てた訳ではなく、

僕は『現在(いま)』を生きることに思い上がりたくないのです」

という部分が特に心に刻まれています。

 

当時僕には結婚を考えていた彼女がいました。

そして、その時はサラリーマンとして、

しっかり安定収入も得ていて、

このまま結婚していれば、一般で言う幸せな家庭を築けたと思います。

が、僕は父の死をきっかけに、

自分の夢を追いかける事を決めたのです。

僕の解釈ですが、

現在(いま)を思い上がるとは、現在を妥協して生きる

事だと思いました。

僕は夢を追いかけるリスクよりも、

目先の安定を取ろうとしてしまっていたと感じたのです。

この歌が僕のアフリカ行きを後押ししてくれました。

 

そんな思いが詰まった曲のタイトルが

風に立つライオン

な訳です。

僕がライオンに強い思い入れを抱くのが少しでもお判りいただけたかと思います。

最後におまけですが、

縁があって、

NHKのSONGSという番組で、

さだまさしさんとこの曲が特集され、

僕の活動紹介と、

最後に僕も一緒に歌わせてもらうという

謎のVTRがご覧いただけます笑

SONGS さだまさし “現在”を生きる人へ

19:28~頃からご覧ください。

前回の世界なぜ?そこに日本人より先に、

こちらでアフリカ系男子としてはデビューしていたんですねー

-コラム, 未分類
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アフリカで活動したい人はゾンビ力を高めよ

冬って何ですか?美味しいんですか?ナイケルでーす! たまに聞かれる質問の中に 「アフリカで活動するにあたって何が必要だと思いますか?」 というものがあります。   特にこれと言った答えを用意 …

【検証】海外で活動する男性は恋愛で草食系男子になりがち説

最近ベナンで2回ほど感電したナイケルです! さて、今回は検証系のブログになります! ズバリ、【海外で活動する男性は恋愛で草食系男子になりがち説】です!   プロローグ 海外で活動する人はたく …

2018年僕が勝手に注目するアフリカ活動家13人

どーもー最近自分の嗅覚機能が著しく低下してるナイケルでーす さてさて、年が明けまして、何か年明けにふさわしいブログでも書こうかと思っておりました。僕は結構SNSオタクで昔からTwitterを筆頭にFa …

【あなどしシリーズ】①配属先で何もやる事なかったら?

はじまりました!あなどしシリーズ! あなどしとは? あなたならどうしますか?の略で自分が経験した状況に対して、 皆さんにも考えてもらって、 最後に一応僕がやった事を発表しようかなってコーナーですね。 …

【誕生日】アフリカと出会い、30歳を超えてから、お祝いもプレゼントも要らなくなった

アフリカ系男子のナイケルです。 3.11は東日本大地震の日であります。僕もベナン共和国から黙祷を致しました。そして同時に僕の誕生日でもありました。 32歳になりました。 今年も沢山の方々からお祝いのメ …

管理人


管理人のナイケルです。
元青年海外協力隊。
アフリカでNPOとビジネスを両立してます。
プロフィール詳細
2018年12月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31